もっと美しくなりたいという願い叶えます|バストアップに最適

胸を大きくする手術とは

ブレスト

胸を大きくする効果

胸にコンプレックスを持つ人は多いですが、バストアップするための工夫は様々なものがあります。食生活の見直しや生活週間の改善、正しいサイズの下着を身につけたり、サプリメントやエクササイズなどが挙げられます。これらの方法は、健康には効果的ですが毎日継続して行っていくことが必要なうえ、効果を得るには長い期間続けていくことが必要となります。長い期間バストアップする習慣を続けるよりも確実にバストアップしたい場合には一番確実なのが豊胸手術です。豊胸手術などで胸を大きくすることができれば、前の自分と比較して自信を持つことができたり、スタイルが良くなることで今までできなかったファッションを楽しむことができるなどのメリットがあります。しかし、豊胸手術を行う場合にも様々な施術方法を選ぶことができるため、しっかりメリットとデメリットを比較することや料金、医師の技術力なども考えることが大事です。また、美容目的に行われる手術ですので自由診療となるため料金も施術方法によって異なってきます。

手術方法の特徴の違い

バストアップするのに効果的な豊胸手術はいろいろなものがありますが、大きく分けて脂肪注入、シリコンバッグ挿入法、ヒアルロン酸注入に分けられます。それぞれ比較すると手術方法も料金も異なってくるため、自分の希望するサイズや費用などによって自分にあった方法を選べます。脂肪注入は文字通り自分の脂肪を吸引して胸に注入し、バストアップする方法です。1.5〜2カップ程度のサイズアップができると言われています。自分の脂肪を使うため見た目や触った感覚が自然で、傷口が小さくて済み、必要のない部分の脂肪を取るため部分痩せをすることができるとされています。シリコンバッグ挿入は、ジェルなどをシリコンバッグを乳腺や大胸筋の下に挿入して胸を大きくします。ボリュームを出すことに効果的なため自分の理想的な胸のサイズにすることができ、体内に吸収されないため長期間の効果が期待できる方法になります。取り出すことができるためできるのもメリットです。ヒアルロン酸注入は手軽にできることから人気の方法です。注射で済ませられるため体への負担が小さく、注入量を調節することができ、必要な場合には溶解することも可能な方法になります。それぞれメリットが違うため、しっかり比較して自分にあった方法でバストアップすることが大切です。