もっと美しくなりたいという願い叶えます|バストアップに最適

バストを大きくするには

バストを測る人

美容クリニックでの豊胸術

バストアップする方法はいくつかありますが、短期間で効果を得たい場合には美容クリニックに頼ることになります。美容クリニックでのバストアップといってもさまざまな種類があり、それぞれ特徴、効果、そしてリスクがあります。昔から行われているバストアップとしては美容外科のもので、乳房に人工物を挿入するというものです。人工物としてはシリコンが知られますが、その他にも生理食塩水を使ったものなどがあります。また余っている脂肪を採取して注入するといった豊胸術もあります。一方で切らないバストアップとしてヒアルロン酸などいずれ体内に吸収される物質を注入するといったものもあります。またこれらの治療法を混合したものもあります。いずれにしても劇的なバストアップを目指すのであれば美容外科の豊胸術がもっとも確実といえますが、美容クリニックの場合には医師の技量や見識が大きく影響するため実際にバストアップをする場合には十分なカウンセリングとシミュレーションを行ってから受ける必要があります。

さまざまな豊胸術と効果

美容外科によるバストアップとしては、人工物の挿入です。古くから行われてきている美容外科の方法では、触り心地が自然なシリコンや生理食塩水を満たしたバッグを挿入するというものです。バッグの形は半月形のものが一般的ですが、水滴型などもあります。また中身もシリコンが主流ですが、より柔らかくしたものなど中身の素材は進化しています。効果としてはバッグそのものは半永久的とされます。一方で脂肪注入による方法は人工物を挿入するのと比べると自然なバストアップが可能です。ただし注入できる量も限られているのが欠点といえます。このような傾向からシリコンバッグ挿入によるバストアップと脂肪注入を併用する豊胸術も増えています。またヒアルロン酸など体内に存在する物質を注入する方法もあります。外科的な処置をする必要がなく注射器だけで行えるので手軽に行えるのがメリットですが、脂肪注入同様に注入できる量が限られます。またいずれ体内に吸収されるので効果も1年程度と短いものになります。